40歳勤務医は年収差が倍以上?

40歳の勤務医と言えば役職に就いている場合がほとんどですが、年収は大学病院医局勤務と民間病院勤務では年収に約2倍程度の差があります。

後期研修後大学病院の医局に進んだ場合は、助教授でも800万円程度、教授になれたとしてもせいぜい1,000万円程度ですが、民間病院の役職クラスとなると、病院の規模にもよりますが、医科長や診療部長でも1,500万円程度、副医院長や医院長だと2千万円前後の年収になることがほとんどです。

さらに、医師の数が少ない小児科・産婦人科・麻酔科・外科などでは3,000万円程度になることも。

医師不足が深刻な地方や離島勤務だとさらに年収が高くなる場合もあります。

ですから、転職活動のやり方次第では、年収が倍になったという事例も多いんです。

40代医師は知識や経験も豊富なので転職市場でも引く手あまたです。

年収交渉のプロであるエージェント会社を利用すれば、最大限に年収を引き上げることも可能です。

高給・好条件の勤務医求人は非公開の場合がほとんど。

特に、役職付きの求人や突然の欠員の場合は他の医師に知られたくないので条件を上げてでもエージェントに依頼する病院が多いです。

実力のあるエージェントに何社か登録しておけば、好条件の非公開求人が見つかる確率が上がります

医師転職エージェントの人気ランキング

口コミで年収アップ率が高いエージェント会社をランキングにしました。
無料で利用できるので、最低2社は登録して、多くの求人情報を入手するのが得策です。
年収や希望条件をふるいにかけることで、より理想の職場に転職できる確率が上がります。
no1エムスリーキャリア

全国対応で公開求人が1万5千件以上。高年収の非公開求人が多い。
評価エリア求人数
star5全国15,000件以上
>>詳細を見る

no2医師転職ドットコム

全国対応(札幌、東京、名古屋、大阪、広島、福岡に拠点)業界最大級の求人数。
評価エリア求人数
star4全国39,000件以上
>>詳細を見る

no3リクルートドクターズキャリア

全国に常時1万件を超える非公開求人。リクルートグループのため、認知度抜群。
評価エリア求人数
star4全国10,000件以上
>>詳細を見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です